木彫教室[第59回]-作画のトレーニング(モールディング)-

モールディング

 この章では伝統的作業方法をベースにした、モールディング技術について説明します。

 ここで説明する内容は、描画とデザインのトレーニングを別のアプローチで行ってみる方法の紹介になります。

 モールディングの章で説明しているモールディングデザインを参考に、シートモールディングを書き写します。

 その中に、伝統的な仕事と同じように、オリジナルのデザインを書き込みます。

 この作業は少なくとも、デザインの最もシンプルな形を理解するのに役立ちます。

 すなわち、模写、継続するプロポーションの構成、線の美しさがどのように組み込まれるかとか、その美しさはある種の技法に関連するか、あるいはある種の目的に限定されたツールに特化した使い方です。

 この解説は、W.R.Lethabyの’Proper ornamentation may be defined as a language addressd to the eye;に記されています。

 ツールで加工できる形状をそのまま、モールディングに使用するので、ツール自身が持っている表現をそのまま作品に表現することになります。

 これは実に楽しい作業であることがわかると思います。

木彫教室メニュー一覧に戻る